事業の紹介

 『毎日決算即対策システム』

それぞれの立場で経営に携わっている全員が同じ条件で考えるということのできるインフラを整えたシステムです。経営者から現場までがマクロミクロが一体的につながっていることを把握でき、時間の流れにおいても年・月・週・日・時と時系列的に連続しているシステムです。

1.システムコンセプト
遊学空間=稼げる空間づくりのためのシステム

2.システム目的
人の元気・本気・やる気UP=増客・増収・増益=良い決算の実現に役立つこと

3.システム目標
(1)マクロからミクロまで毎日の目標粗利益達成とその為の現場における具体的、実際的な発注・製造を安心 して、思い切って実行できるような根拠と基準づくり。
(2)経営に携わるすべての人の意識レベルを、経営者の意識レベルに近付けること。
(3)その結果として高い経常利益率の達成確率を高くすること。

4.システム対象
このシステムを使うことで、経営に携わる人が意識改革を実現し、業績向上を高いレベルにまで引き上げること。
つまり、誰もが一定の高い成果をあげられるようになることで、本人自身に仕事のおもしろさが生まれ、さらに 他の人からも評価され、人がますます積極的になるようモティベーションされること。

5.システム手法
(1)データベースとシミュレーションの戦略的・管理的・作戦的手法であり、過去・現在・未来の流れに 沿っているので、打つ手がわかりやすく、行動が起こしやすい。
(2)長所、良いとこ発見、美点追及の考え方に発した問題の捉え方だから問題も解決しやすい。

6.システム効果
(1)業績UPへつなげることに必要なミーティングが習慣化する。

(2)そこで、コミュニケーションされ、権限委譲された業績UPの為の優先的、重点的、集中的取り組みと、 縦と横のチームワークによる協力は、確実に増客・増収・増益につながる。
(3)業績UPを達成できた実績をもとに、次のオペレーションが思い切ってダイナミックに出来るようになる。
(4)システム投資費用効果が高い。

キャプチャ22

1.「見える化」「解かる化」「手が打てる化」のツールなくして意識改革なし
2.意識改革なくして人財育成なし
3.人財育成なくして業績向上なし

★カウンセリング部      
取締役副社長 千原潤子

『毎日決算即対策システム』
導入までの流れ、導入後のサポートについて
(勉強会・マンツーマンミーティング・交流会)